20代の不妊治療ノート#AIHトライ中

29歳、不妊治療を開始して2年。初めてのAIH(人工授精)挑戦中♪

流産その後。12週未満で産まれてしまった胎児の供養について

わたしは妊娠11週間近で赤ちゃんの心拍がとまり、

そのまま自然流産となりました。

これまでずっと無宗教で、

「正直、お葬式の必要性ってよく分からないなあ」

と思っていましたが、

初めて「きちんとお空にいけるよう、供養したい」という気持ちになりました。

 

きっと、赤ちゃんを無事に産んであげられなかった後悔からきているんだと思います。

そんなことをしても何も変わらないし、

自分の気持ちに区切りをつけたいだけかもしれません。

 

それでも、わたしたち夫婦のところにきてくれた感謝をこめて、

ちゃんと送り出すためにどういう供養をしたら良いか調べました。

病院で検査に出した胎児は供養される?

「もし手術までの間に赤ちゃんが出てきてしまったら、検査しますので取っておいて持ってきてくださいね」

と病院からは言われていました。

なので、流産してしまったあと病院に電話すると、

「子宮外妊娠や、胞状奇胎などの奇形でないことは今までの診察で分かっているので、検査をしても得られることは少ないと思います。持ってきていただければこちらで処分しますが、ご自宅で処分いただいても大丈夫です。」

とのこと・・・。

(ちなみに、持ってくる場合はジップロックなどに入れるか、ナプキンなどの紙にくるんで持ってきてください、とのことでした。)

また、病理検査にまわると、そのあとは私の手元に帰ってくることはなく、病院から業者に渡して処理、となるようです。

 

処分、という言葉がとても衝撃的でしたが、

12週未満の場合、大きなくくりでは「廃棄物」という扱いになるそう。

きちんとした取り扱いを、という通知はありますが、自分の住む地域や病院の実態がどうなっているかはわかりません。

どのように取り扱っているか、というアンケート調査もありました。

中絶胎児を廃棄物処理業者が取り扱うことの有無については、取り扱うことが「ある」のは21県および11保健所設置市で、全体の30.8%でした。また、「ない」としたのが57.7%、「不明」が11.5%でした。

(引用元:日本産婦人科医会 12週未満の妊娠中絶胎児の取り扱いについて

 

つまり、

病院で預かってもらった後、ちゃんと供養してもらえる保証はない。

廃棄物として処理され、ゴミと一緒に焼かれる可能性も0ではない。

ということだと思います。

 

もちろん病院が悪いということではありません。

供養したり、火葬したりするには、相当の費用がかかります。

業者選定などの手間もかかります。

 

しかし、短い間だったけど頑張ってくれた赤ちゃんがゴミとして処理されるかもしれないと思うと、

どうにもかわいそうで、

病院に預けず、わたしたち夫婦で供養することにしました。

12週未満で産まれてしまった胎児は火葬してもらえない?

まず考えなければいけないのは、赤ちゃんをどうするか。

水子供養というのはお経をあげてもらったり納骨したりがメインで、それまでの過程については書かれていません。

どこかの火葬場にお願いしようと思って調べたり問い合わせたりしてみたのですが、12週未満の胎児はどこも火葬してくれないようなのです。

なぜかというと、火葬の許可証がないから。

 

火葬場で火葬していただくには、許可証が必要です。

その許可証は、医師が発行する死産の証明書がないと発行してもらうことができず、12週未満で産まれてしまった赤ちゃんは「死産」ではなく「流産」になってしまうため、死産の証明書を発行することができないんだそうです。

死産届の必要書類と手続き 出生届の書き方・記入例と出生届必要書類と手続き

※もしかしたら、病院によっては12週未満でも発行してもらえるのかもしれませんし、民営でも中には証明書なしで火葬してくださるところもあるのかもしれません。

ただ、複数の病院・火葬場に問い合わせしましたが、いずれも「できない」という回答でした。

 

お庭などがある人は、片隅にお墓を作って埋葬する、というのも良いかもしれませんが、

私はマンションに住んでおり、両方の両親も遠方。

どこかにお願いできないか、といろいろ探しまわりました。

その中で受け付けていたのが、下記のお寺さんでした。

読むと、ペットの火葬炉であれば、火葬していただけるとのこと。

(もちろん、ほかのペットさんたちと一緒ではなく、赤ちゃんのみです。)

 

ペット用の火葬炉、というところに引っかかる方もいるかもしれませんが、

自分たちで見送ってあげられること、

夫婦ともに動物好きなので、きっと一緒に遊びながらお空にいくだろう、というように納得し、

なによりも廃棄物として扱われずちゃんと供養できることを最優先にし、

火葬をお願いすることにしました。

 

※ほかのペット専門業者さんにも問い合わせてみましたが、

やはり人間の赤ちゃんを受け付けてくれるところはなく、

いいですよと言ってくださったのは、お寺さんと提携している上記の業者さんのみでした。

 

当日の様子、準備などについては、また後日書こうと思います。

 

自分らしい葬儀などが話題に登る中、

12週未満の赤ちゃんを火葬していただくことは本当に大変だと感じました。

 

専門の業者の方が増えれば、流産してしまった夫婦の気持ちの整理に役立つかもしれません。

なにもしてあげられなかった、という罪悪感が、少し和らぐかもしれません。

 

ビジネスでもいいのです。

ちょっと前までは、こんなことを商売にするなんて…と思っていたかもしれませんが、

今は、引き受けていただける業者さん・お寺さんに本当に感謝しています。

 

f:id:muumi555:20180614121913j:plain