20代の不妊治療ノート#AIHトライ中

28歳、不妊治療を開始して1年。初めてのAIH(人工授精)挑戦中♪

見ました:NNNドキュメント「ゆりかごから届く声~赤ちゃんポスト11年~」

今日の0:55からやっていた、

NNNドキュメント「ゆりかごから届く声~赤ちゃんポスト11年~」

見ました。とってもいい番組だったと思います。

 

妊活には夜更かしよくないってわかってるんだけど、これだけは見たかったので今日だけ夜更かし!

赤ちゃんポストができてから11年

知らなかったけど、赤ちゃんポストができてから、もう11年も経つそうです。

結構最近できたものだと思ってたけど、もう11年・・・。

最初このニュースを聞いた時は、赤ちゃんを捨てるの!?と衝撃だった記憶があります。

当時私は学生だったので、

「たしかに、この状況で妊娠しちゃったらそうするしかないのかな・・・?」

とも思った記憶が。

今回改めて設立の意図や仕組みを学ぶことができて、とても良い機会でした。

簡単においていく人が増えないよう、相談ダイヤルや相談窓口を案内する手紙など、いろいろな工夫がこらされていました。

「匿名出産」という仕組み

今回初めて知ったのが、「匿名出産」という仕組み。

this.kiji.is

似たもので「内密出産」というものもあります。

www.asahi.com

(あれ、テレビで紹介されてたの、匿名出産だったよな・・・?内密だったっけ、間違ってたらすみません)

 

生まれてくる子供の、親を知る権利を守る。(←これは内密出産のほうのみ)

事情があって身元を隠したい人も、安全に出産ができる。

そういう利点を考えると、これらの制度は検討されていくべきだと思います。

「簡単に捨てるな」だけでいいのか

不妊治療をしていると、

「捨てるくらいなら私のおなかに来てくれれば良いのに・・・」

なんて思うのは私だけじゃないはず。

 

でも、「簡単に捨てるな!」と非難はできません。

もちろん、子供を手放してしまう親に憤りを感じないわけじゃありません。

 

でも中には、経済的にどうしようもなくて手放した人もいるはず。

堕胎に関してもそうですが、

「母親に、月々の生活費と家とサポートがあれば、育てたいと思ったのでは?」

「妊娠・出産しながらでも学校にいける制度があれば、理解があれば、堕胎などしなかったのでは?」

という思いのほうが強く感じるのです。

 

生物学的には、20代後半の私が産むより、10代後半の若い女性が出産したほうが、子供の健康面を考えるとローリスクです。

少子高齢化をくいとめるなら、

「生まれてきた子供をサポートする」

「生まれてくる前の子供を堕ろさせない」

の2面のサポートが重要なのでは、と思います。

 

もうひとつ、

「授かりたい人が授かれるようサポートする」

もあると嬉しいんですけどね。

 

とりあえず、妊娠しやすい人はどんどん産んでいただいて少子化を食い止めてほしい・・・

それにしても、羨ましい!!!

 

どんどん話が逸れちゃってますね、

いろいろと考えさせられる番組だったので、ぜひ見てみてください。

f:id:muumi555:20180430030733j:plain